自分らしく生きるために・・・
美と健康をサポート「素敵なあなたでいる為に」

ヒロ院長記事
Hiro Acupuncture Osteopathic Clinic

ヒロ院長記事

ヒロ式美容メソッド 1Dayベーシックセミナーが開催されました!

2017.09.20

ヒロ院長記事

2017年9月13日(水)恵比寿ヒロ鍼灸整骨院にて「ヒロ式美容メソッド 1Dayベーシックセミナー」が開催されました。今回は急遽開催が決まった都合上、ご参加することが出来ない方も多かったのですが、中国からのご参加もあり充実したセミナーになったと思います。まず、顔の構造説明の後、フェイシャルリフトマッサージ。ヒロメソッドによる分かりやすく実践しやすい講習で参加者もその腕をメキメキ上げていきました。続 ....

詳細を見る

美容鍼灸の効果 ① リフトアップ

2017.08.25

ヒロ院長記事

美容鍼灸の効果顔への効果顔への刺鍼の局所への効果は、鍼の刺入により生成組織の微細な破壊により細胞修復機能が不活化され、皮膚組織を線維芽細胞が活性化されコラーゲンやエラスチンが産出され線維層を修復する。鍼の刺激により免疫力が高まる自律神経療法があり顔の筋肉を支配し副交感神経線維をもつ顔面神経や知覚神経である三叉神経は脳神経であり顔への刺激により免疫力も高まる。女性にとって顔の悩み、肌の悩みストレスが ....

詳細を見る

ラジオに出演させていただきました。ぶんちゃんの元気リポート

2017.08.21

ヒロ院長記事

こんにちは。芸能人御用達、美容鍼・小顔矯正の恵比寿ヒロ鍼灸整骨院院長、上石浩之です。先日、市川うららFM 『ぶんちゃんの元気リポート』にゲスト出演させていただきました。ラジオ番組は学生時代から憧れで、一度は喋りたかったので夢がかない感激です。スタジオは、池袋駅から近く便利な場所にありスムーズに。簡単な打ち合わせを行い収録をしました。内容は、鍼灸師を志たきっかけや美容鍼灸の効果やエピソード。バンコク ....

詳細を見る

ミセスインタナショナル 日本代表選考会に行ってきました。mrs.International pageant

2017.05.28

ヒロ院長記事

ミセス・インターナショナル・ページェントの公式ライセンスの下第1回ミセス・インターナショナル日本代表選考会が2017年5月13日にホテルニューオータニにて開催されました。ミセス・インターナショナルはアメリカのウエストヴァージニア州に本部を置く、32年の歴史ある既婚者のためのコンテストです。家庭や社会で大切な役割を果たしながらもそれぞれの活動の分野で最大限の貢献を行い、自分を磨き高め続けている意識の ....

詳細を見る

2017.03.08

ヒロ院長記事

歌舞伎について歌舞伎(かぶき)は、日本固有の演劇で、伝統芸能の一つ。重要無形文化財(1965年4月20日指定)。歌舞伎(伝統的な演技演出様式によって上演される歌舞伎)は2005年にユネスコにおいて傑作宣言され、2009年9月に無形文化遺産に。歌舞伎という名称の由来は、「傾く」(かたむく)の古語にあたる「傾く」(かぶく)の連用形を名詞化した「かぶき」だといわれている。戦国時代の終わり頃から江戸時代の ....

詳細を見る

トークセンについて

2017.02.18

ヒロ院長記事

トークセンについてタイ王国の北部(チェンマイ、チェンライ、ラオス、ランプンなど)に伝わる施術方法です。その土地の信仰や民間療法と結びつき独自の発展をとげその土地に根付きました。トークとはタイ語で木槌などで「叩く」を意味します。センとは「ツボ、経絡、セン(タイマッサージのエナジーポイント)」を意味します。トークセンの施術は、何年にもわたり師匠からで弟子に伝承され、長い歳月により人々により伝わったタイ ....

詳細を見る

顎関節症 顎の痛み

2017.02.09

ヒロ院長記事

今回は、顎関節についてご説明します。顎関節症の代表的な症状◯顎の痛み顎の痛みと周辺や頬やコメカミの痛みや不快感。口の開け閉め、食事の時食べ物を咀嚼するときや、あごを動かした時に痛むのが特徴。あごを動かしていないときに痛む場合は他の病気、虫歯や感染症の可能性が高い。◯あごを動かすと雑音がする 関節の音あごを動かすと シャリシャリ ミシミシ ガクガク などの音がする。痛みがなく音だけの場合は顎関節症予 ....

詳細を見る

ミスホープインターナショナル日本代表選考会 Hope Pagents International 2016 日本大会 

2016.10.03

ヒロ院長記事

詳細を見る

出産年齢高齢化に伴いある程度の年齢で妊娠を望む場合漢方医学では補腎という考え方があります。

2015.11.11

ヒロ院長記事

漢方療法補腎について漢方の三大古典医書の一つ「黄帝内経」には、「女性は7の倍数で変化する」と書かれています。つまり14歳で初潮を迎え、28歳で成長のピークになり、35歳を過ぎるころから、女性ホルモンの分泌が減り始め子宮や卵巣の機能が衰えはじめます。出産年齢の高齢化に伴いある程度の年齢で妊娠を望む場合「補腎」(腎を補う)という考え方が必要です。漢方医学で考える「腎」とは成長・発育・生殖機能・内分泌機 ....

詳細を見る

腰痛の原因 腰痛治療を恵比寿で!

2015.10.08

ヒロ院長記事

腰痛には、さまざまな原因があり、そこに至った過程によって、治療法や予防法も異なります。そして、その主なものとして、下記のものが考えられます。1.筋肉が原因によるもの2.姿勢の歪みによるもの3.血行不良によるもの1.筋肉が原因の腰痛筋肉による腰痛には、主に筋肉疲労と筋膜の損傷や筋力の低下が考えられます。そして、筋肉疲労は、以下のような原因で起こります。⚪︎長時間の激しいスポーツ⚪︎毎日のデスクワーク ....

詳細を見る

1 / 212